Tenpuw's 天風者

草野憲一 ブログ
76年製 Ludwigアクロライト


久々にスネアをゲットした。
スネアのコレクションも一時落ち着いていましたが、数年前からラディックさんがなにやら復刻らしきものを出し始めてまして、マニアなわたしとしては細かい部分が完全に復刻されていないのが引っかかっており、欲しいのに買えない!いや、買わない状態でした。

そこへ、超美品の76年製Ludwigのヴィンテージアクロライトを、なんと当時のファイバーケース付きで発見!
即ゲットしてしまいました。
使ってなかったんじゃないの〜?ぐらいキレイですっ。
ヘッドもスナッピーも当時のオリジナルが装着されており、もったいなくて使えない状態〜。
これから天風団ワタシ仕様に仕立て上げる予定です。

しかし、このファイバーケース、なんか学生時代のブラスバンドの部室にあったような雰囲気プンプンで、なんか懐かしい〜。

これで火がついてしまった。
ので、次は生まれ年の67年式のスープラフォニックL-400だな!
【2013.06.09 Sunday 21:22】 author : 草野憲一 | ドラム | comments(0) | - | - | - |
パーカッシヴに!
   

写真左が、現在愛用しているスティックで叩く用のタンバリン。

写真右が、新しく購入した、ハイハットにマウントするタイプのタンバリン。
ハイハットを踏むたびに『シャンシャン』と鳴る♪カワイイ奴。

カウベルやタンバリンのようなパーカッションって、小さい音でも鳴っているだけでけっこう雰囲気が良くなったりするので、リズムパターンに取り入れるようにしてみちゃってます。
【2010.07.06 Tuesday 23:04】 author : 草野憲一 | ドラム | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
Gel Gems


先日、アメリカ雑貨のお店に行った時、偶然目に付いたジェルの飾りもの。

数年前からスネア等のミュートにジェルタイプ(グミのようなもの)を使っていて、これが5枚ほどで1200〜1300円。これをライブのたびにどこかへ置いてきてしまう・・・。大きさは、1×2センチくらいなのに、高いよ〜〜。
と常々思っていました。

そこで見つけたGel Gemというガラス系への装飾品。
これが手触りが全くといっていいほど似ていて、値段も500〜600円で倍以上の量!

今、スネアのミュートで活躍していますっ。
【2008.05.12 Monday 21:54】 author : 草野憲一 | ドラム | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ミニティンバレス
ミニティンバレス

最近使い始めたTAMA製6インチと8インチのミニティンバレス。

もともとシングルヘッドのタムは大好きで、A−JARIの頃はロートタムを、ザ・ハートの頃はシングルヘッドのメロタムを小口径から大口径まで並べて使用していた。

天風団やHoosierから通常三点セットのみのシンプルスタイルに変えていたのだが、ここにきてリズムパターンにパーカッシヴな要素を取り入れようとミニティンバレスやスプラッシュそしてカウベルをセットに組込み使用している。

雰囲気も変わって、かなり面白いっ!

オクタバンも使ってみたいな〜。
【2007.06.10 Sunday 23:15】 author : 草野憲一 | ドラム | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
'70 Ludwig Black Beauty
'70s Ludwig Black Beauty
オールドスネアを集め始めて数年経つが、やっとLudwigの王者・70年代のブラックビューティが手に入った。
それもかなり超美品!ほとんどデットストック状態。

おそらく70年代後期の物と思われるが、製造されてから約30年経っているのに、どこをどう見ても使った形跡がない!
このミントコンディションの物は、もう今後出てこないでしょう。そのくらい、キレイな物が手に入りました。

もったいなくて使えないなぁ〜〜、でも使うぜっ。
【2006.10.16 Monday 22:47】 author : 草野憲一 | ドラム | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
dw ドラムキット
dwキット
先日の野音でdwのドラムキットを使用させていただいた。
だいぶ前からdwに興味があったので、今回いい機会に恵まれた。

以前dwのスネアを試奏した際、むちゃくちゃヌケが良く驚いた覚えがあった。
今回のこのセットも木胴の温かみのある深い音で、とても良い感じ〜。

メインの一郎さんバンドのドラマー西やんは、カノウプスを使用していた。
カノウプスもずーっと気になっていたメーカーだ。
西やんは、ハイピッチで使っていて、とても良い感じだったな。

ただ、どちらもラグのデザインがちょっと…。

オールドもいいけど、現行品も捨てがたい。
dwとカノウプス…悩み始めた俺がいる。
【2006.07.03 Monday 23:57】 author : 草野憲一 | ドラム | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スタンダードなスネア達
先週、探しまくっていたオールドのスネア、'60 Ludwigアクロライトと'70 Ludwig LM400が京都の楽器店で見つかり、どちらを買うか悩んでいました。

いつも俺は、物を買う決断をする前に自分の足を使って、少しでも安く良い物を手に入れるようにしている。今回もまた同じように、他により良い状態のものがないか確認しに都内のオールドを扱っている店を、何軒も回った。
どの店にも求めている物はなく、そのうちの一軒は、わざわざ行ってみると定休日だったり、散々な思いをした。

その日の帰り道に京都にあったLudwig2機種を手に入れることを決意する。
そして、きょう我が家に新兵器2機種が京都から届く。




Ludwig LM404 アクロライト
1969年、オールアルミシェル
14 × 5、8テンション
状態は、ミントコンディションで60年代バッジもいい感じで健在。






Ludwig LM400 スープラフォニック
1970年代初期、アルミニウム主成分のシェルにクロームメッキされているアロイシェル
14 × 5、10テンション
こちらもミントコンディションでブルー&オリーブバッジ。

これから3月のライブ、そして、次のレコーディングでメインとして使っていくつもりだ。
これぞ、スタンダード!
【2006.02.08 Wednesday 00:28】 author : 草野憲一 | ドラム | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP